広島でビザ申請なら広島外国人ビザ相談センターへ

082-426-3393

営業時間 月曜〜日曜 9:00〜21:00

082-426-3393
お問い合わせはこちらから

会社設立・経営管理ビザ申請コース

弊所の経営管理ビザ申請代行の報酬額について

 

 

弊所は外国人ビザ申請の専門事務所ですが、お客様が弊所に求めるニーズは「ビザの取得」に尽きると思います。

 

 

料金面やスピードの面でもし他の事務所の方が勝っていたとしても、「在留許可」という結果を取らなければ何の意味もないだけでなく、時間とお金の浪費になってしまいます。

 

広島外国人ビザ相談センターは「許可」というお客様の最大のニーズをビザ申請に特化した事務所であることを強みとして最高のポテンシャルを発揮し、結果を出していくことにすべての力を注ぎこんでいます。

 

 

ビザの申請を許可にするか不許可にするかについては、入国管理局に広範な裁量が与えられていますが、弊所は今まで蓄積された知識と経験によって、現在のお客様の状況でのビザ申請が許可になるか不許可になるかの可能性についてある程度の判断が可能です。

 

 

弊所はお客様に必ず事前に料金を提示させていただいております。

 

 

また、お客様のニーズに合ったプランもご用意しておりますので、ご安心ください。

 

 

 

 

※通常の会社設立と、外国人が経営管理ビザを取得するための条件を満たす会社の設立方法は
全く異なりますので、経営管理ビザ申請代行のみの受任は致しかねます。

※横にスクロールすると全体をご覧いただけます

外国人の会社設立サポートに対する報酬額

内容 料金(税込)
経営管理ビザを取得するための
会社設立の報酬額
99,000円
定款認証料
(公証人に対して支払う費用)

※定款謄本代も含む
52,000円
印紙税
(公証人に支払う費用)
40,000円
登録免許税
(法務局に対して支払う費用)
150,000円
司法書士登記報酬
(司法書士に対して支払う費用)
55,000円
合計額(税込) 395,000円

※横にスクロールすると全体をご覧いただけます

内容 料金(税込)
経営管理ビザ申請代行(認定/変更) 250,000円

※1 公的書類収集に要する費用や本国書類の翻訳料は別途、追加料金を申し受けます。

公的書類の例
役所に支払う戸籍謄本や住民票などの発行手数料
翻訳の例
中国語、韓国語の翻訳(A4サイズ1枚につき)であれば、3,000円(税込)で承っております。
他の言語については別途相談。

※2 他社申請及び自己申請で不許可になった場合の再申請は別途料金を頂きます。
※3 申請人のご事情により上記料金で承れないことがあります。

ご依頼の流れ

1.お問い合わせ
お電話かメールにてご連絡ください。
不在の場合は折り返しご連絡させていただきます。
2.無料相談、お申込み
当事務所にお越しいただくか、広島市内、東広島市内であれば無料でご相談に対応させていただきます。(原則1回)
ご相談の内容に対応したサービスを提示し、お見積をさせていただきます。
3.必要書類リストの提示
受任させていただきましたら、後日、お客様のビザの申請に必要な書類のリストをお渡しします。お客様の負担を軽減するために当事務所も必要な書類の収集に尽力します。
4. 必要書類のご準備(お客様と当事務所)
お客様と当事務所で必要書類を収集していきます。
5.必要書類の作成、申請の準備
当事務所が必要書類の作成、申請の準備をします。
6.申請書類への押印・署名
申請書類にお客様の押印・署名を頂きます。申請書類への押印・署名は当事務所にてしていただくか郵送させていただくこともできます。
7.いよいよ申請です
当事務所が入国管理局の申請窓口に行き申請します。 お客様が入国管理局へ出向く必要はございません。
8.結果の通知(許可もしくは不許可)
許可が出ましたら、その後、お客様に新しい在留カードを、お渡しします。