広島でビザ申請なら広島外国人ビザ相談センターへ

082-426-3393

営業時間 月曜〜土曜 9:00〜21:00

082-426-3393
お問い合わせはこちらから

日本に外国人が在留するにあたっての条件

2017.06.10

カテゴリ 在留カード

 

外国人はそれぞれに付与されたビザ(在留資格)の範囲内に限って活動することが認められています。

 

在留活動を変更しようとする場合には、在留資格変更の許可を申請し、新たな在留資格を取得しなければなりません。

 

  例)留学生(留学ビザ)が就職し、会社員になった場合は就労ビザ(例えば、在留資格 技術・人文知識・国際業務)が必要になります。

 

なお、在留資格で定められている活動を、正当な理由なく、継続して3か月以上行わないで在留資格を取り消されることがあります。(在留資格取消制度)

 

また、配偶者ビザ(在留資格 日本人の配偶者等)を持っている外国人が日本人配偶者と6か月以上別居等をして夫婦の実態が無いと入国管理局から判断された場合も、在留資格を取り消されることがあります。