広島でビザ申請なら広島外国人ビザ相談センターへ

082-426-3393

営業時間 月曜〜日曜 9:00〜21:00

082-426-3393
お問い合わせはこちらから

配偶者ビザの申請が不許可になりやすいケース

2017.07.15

カテゴリ 国際結婚ビザ

 

下記のようなケースではビザを申請しても不許可になるケースが多いです。

 

※不許可になると、次回の申請ではより厳しく審査されることになり、許可までの道のりがもっと険しくなります。

 

 

・夫婦の年齢差が大きい場合

 

・結婚紹介所の紹介での結婚

 

・日本人配偶者の年収が低い場合

 

・日本人配偶者に外国人との離婚歴がある場合

 

・外国人配偶者に日本人との離婚歴がある場合

 

・出会いがキャバクラやスナックの場合

 

 

上記のようなケースでは最初から専門家に相談することを強くお勧めします。