広島でビザ申請なら広島外国人ビザ相談センターへ

082-426-3393

営業時間 月曜〜日曜 9:00〜21:00

082-426-3393
お問い合わせはこちらから

外部監査人について

2017.09.21

カテゴリ 監理団体の皆様へ

 監理組合は、外部役員の設置又は外部監査人を設置することを法律上義務付けられています

 

 

外部監査人とは

 

 外部監査人は、実習実施者に対する監査等の業務が適正に実施されているかの監査を、法人外部から実施する者のことをいいます。

 

 

外部監査人が確認する内容

 

外部監査人は、監理団体の各事業所に対して監査等の業務の遂行状況を3ヵ月回以上確認し、その結果を記載した書類を作成し、監理団体に提出します。

上記の確認をする際は

 

①  責任役員及び管理責任者から報告を受けること

②  監理団体の事業所の設備の確認及び帳簿書類その他の物件の閲覧

 

が必要となります。

 

また、外部監査人は、監理団体(各事業所ごと)が行う実習実施者の監査に、年に1回以上同行し、その結果を記載した書類(外部監査報告書・同行監査)を作成し監理団体に提出します。

 

外部監査人による同行監査は、監理団体が行う実習実施者の監査に同行して下記の項目についてきちんと監査が行われているかどうか監査します。

 

①  技能実習責任者及び技能実習指導員からの報告

②  技能実習生との面談

③  設備の確認及び帳簿書類の閲覧

④  宿泊施設その他の生活環境の確認