広島でビザ申請なら広島外国人ビザ相談センターへ

082-426-3393

営業時間 月曜〜日曜 9:00〜21:00

082-426-3393
お問い合わせはこちらから

在留資格認定証明書とは

2017.06.07

カテゴリ 在留資格の手続きの種類

在留資格認定証明書」とは、外国人が日本に入国しようとする場合で、その外国人の日本に入国する目的が例えば結婚生活や就労の場合に必要になります。いわゆる外国人を「呼び寄せ」のために使う書類のことです。

 

申請先は入国管理局となります。

 

※なお、短期滞在と永住ビザについては「在留資格認定証明書」は交付されません。

 

「在留資格認定証明書」の交付を受けた外国人を日本領事館等に提示すれば通常すみやかに査証が発行され、その査証を携帯し、上陸審査(入国審査)の時にこの証明書を提示すれば、通常すみやかに入国が許可されることとなります。

 

「在留資格認定証明書」の有効期限は3か月ですので、交付を受けてから3か月以内に入国するようにしてください。

 

 

在留資格を取得するための手続きの種類  ← はこちらをご覧ください!

 

雇用した外国人社員の為の在留資格認定証明書を紛失した場合  ← はこちらをご覧ください!