広島でビザ申請なら広島外国人ビザ相談センターへ

082-426-3393

営業時間 月曜〜日曜 9:00〜21:00

082-426-3393
お問い合わせはこちらから

不法就労助長罪とは

2017.07.16

カテゴリ 就労ビザ

 

外国人を不法に就労させると「不法就労助長罪」という罪に、雇用主が問われることになります。

 

不法就労助長罪の処罰の内容は下記になります・

 

3年以下の懲役または300万円以下の罰金

 

雇用主または法人、またはその両方に対して刑罰が科されることになります。

 

マスコミに取り上げられることにでもなれば企業イメージも一気に失墜することになりますので、就労ビザの申請及び取り扱いはくれぐれも慎重に行いましょう。

 

 

・ 日本に外国人が在留するにあたっての条件  ← はこちらをご覧ください!

 

・ 就労ビザにおける在留資格取消制度  ← はこちらをご覧ください!

 

・ マッサージ師や美容師は技能ビザが取得できるか?  ← はこちらをご覧ください!

 

・ 外国人をアルバイトとして雇用するときの注意点  ← はこちらをご覧ください!

 

・ 外国人単純労働者の入国問題  ← はこちらをご覧ください!

 

・ 資格外活動許可について  ← はこちらをご覧ください!